雑誌掲載

はじめてのRe;Form
(別冊プラスワンリビング)
主婦の友社発行
512dFFBxnaL__SL500_AA300_.jpg
【スタイルのあるリフォーム】を提案する全国の設計・施工会社
というコーナー。
アンティーク屋がプロデュースする家として
BOLTを紹介していただいてます。
リフォームの実例からコツまで、たっぷり紹介された一冊。
リフォームしたくなってしまう・・・
編集部のみなさん、
ありがとうございました!

comme

 

IMG_0805 IMG_0848 IMG_0870 IMG_0792 IMG_0789

 

東京のサロンで活躍されていたお二人の、新しいお店【comme】静かな住宅地にあります。
フランスからお二人の雰囲気に合う建具や家具をたくさん買い付けてきました。
ゆっくりとお客様に特別な時間を過ごしていただけるように。
との思いから、空間をたっぷり使いお二人の感性に合う飾り付けをさせていただきました。

comme

791-8035 松山市久保田町20-13
tel 089-971-3490
open 9:00-20:00
close 月曜日・第3日曜日
http://comme1005.web.fc2.com/

海辺のお家

この秋、発売されるお家作りの本。
お声をかけていただき、一昨日撮影でした。
海のそばのK様邸。

たっぷり時間をかけて丁寧に丁寧に取材していただきました。

BOLTが初めてデザインさせていただいたお家で、思い出がいっぱい。

Kさま一家の素敵な暮らし。
のびのび遊ぶMちゃんDちゃん。
嬉しい嬉しいBOLTです。
夕方には、皆で海辺を散歩。
松山が初めてのカメラマンさん。
美しい瀬戸内海に思わずちゃぷん。
みんなでわいわい笑いがいっぱいの、楽しい撮影となりました。
ライターiさん。カメラマンのMさん。編集部のみなさん。M家のみなさん。
本当にありがとうございました。
発売日などまたお知らせいたします。

暑い暑いといいながら・・・


まだまだ暑い!
もうちょい涼しくなってからやれば良いものを、
ふと思いたって、店のエントランスドアを交換することに。
もともと付けてたアンティークドアより大きいのを選んでしまったため、
まぁまぁ大工事になってしまっている。
汗だくの二人には申し訳ないが、
とても楽しみ♪

店のなかからはこんな感じ。
中も暑い・・・
最近、建具をお探しの方がとても多い。
いまあるのとサイズが違っても交換出来ますか?
とのご質問も多い。
出来ますよ。
ただ小さいサイズを入れるより、
大きいものに交換する方がちょっと手間はかかります。
ドアや窓を変えると雰囲気かなり変わります。
プチリフォームお勧めです。
さてさて夕方までには鍵を取り付けなければ!
出来上がりお楽しみに~!
せっかくなんで外壁も少し細工しようと思ってます。
※現在たくさんのお問い合わせをいただいております。
3~4日お時間いただいてますが、必ず皆さんにお返事しています。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

古着屋めぐり。

今回の旅の最終日。
お友達と待ち合わせ。
マルセイユけっこう好きとか言いつつ、もしものための予備日で一日いるだけなので、あまり知らない。
美味しいタパス屋に連れてってもらうことに。
トラムで一駅。

車では何度か通ったことがあるが、来たのは初めてのエリア。

マルセイユですねー。落書きだらけ。
自分たちだけで知らずに迷い込んだら、引き返してたかも。
実際マルセイユでは、ここら辺はポリスも行かないから行っちゃダメよーと注意されてるエリアがいくつかある。
この辺は大丈夫らしい。
アーティストがたくさん住んでるらしく、大変オモシロイ。

細かな路地をウロウロ。
BOLTの大好きなビンテージショップや古着屋がたくさん!
楽しすぎる!

夕方から動き出したことを後悔。
チョロチョロと何軒か見て回ったが、パリなどとはまた違うセレクトで興味深い。値段も安い気がした。
次回はもっとゆっくり来よう!
そうそうBOLTのお客さまで、ヨーロッパ古着の店やればいいのにーと勧めてる青年がいるのだが、教えてあげなくては!ぜひやって欲しい。
連れてってもらったタパス屋も良い雰囲気♪

中庭の葡萄の木の下の席。ワインで乾杯。

厨房で唄って踊りながら料理してる家族経営の店。マルセイユらしくていい!
なによりオイシイーー!
そして安い。
またまたマルセイユが好きになった。
ありがとう。

翌朝6時30分の便で、マルセイユ・プロヴァンス空港を出発。
今回もたくさんの素敵な出会いがあり、
感謝でいっぱいの旅となりました。
*帰国後の更新となってしまった旅日記。真面目に仕事してきたのですが、
遊んだり食べたりの話が多くなってしまった…。すみません。
帰国後に進んでいるデザインのお話しや、商品のお話もこれからまた!
旅日記にお付き合い下さったみなさま。ありがとうございました!

マルセイユ

コンテナ積み込み後、C君とちょっとウロウロ。
その後はレンタカーを返してマルセイユに向かう。
今回も事故なく無事に良い買い付けが出来た!
レンタカーを返すと完全にスイッチオフ。まぁまぁ危ないマルセイユで、完全にフニャフニャです。

ホテルにチェックイン。旧港添いのこのホテル。
今回で2回目。

眺めが最高。

夜はこんな感じ。
マルセイユは現在どこもかしこも大規模な工事中。
車で来なくて良かったー!これは無理・・
ホテルの部屋から石畳を貼る様子が見える。

一人で痛いくらいの暑さのなかコツコツコツコツ。
気の遠くなるような作業です。
何百年も残る石畳。
こういう所、フランスってすごいと思う。工期がとか人件費がとか考えない。
ただ美しい街をつくるため。
なるほどなぁ。
(ホントは考えてるとは思うけど・・たぶん)
フニャフニャのまま少し散歩。

元気なマルセイユッ子の兄弟。

釣れるといいねぇ。
マルセイユとにかく人が陽気で活気がある。
けっこう好き。

コンテナ積み込み

今回はちょっと短めのスケジュールで心配してたが、
天気にも人にも恵まれ、順調な買い付けの旅となった。
さてさて最後の難関、コンテナ積み込み!
今回はリフトなしなので、いつも手伝ってくれる南仏在住C君以外にお手伝いを頼もうと思ってたのだが、
バカンスシーズンだし、急だしでなかなかアルバイトが見つからずちょっと困った。
とりあえず、知り合いに連絡だけしてまぁ3人でなんとかしようと倉庫で準備を始めた。
と!!なんとボルドーにいるはずのジルの姿が!
前日に配達の確認ついでに、運送屋さん積み込み手伝ってくれるかなぁ?
と聞いた時は、聞いてみるけどきっと他の配達もあるから僕ではなんとも・・とのことだったのだが。
急遽ジルも一緒に来てくれたのだ。
この後はイタリアまで行くから、少しだけだけど手伝うよーと。
優しすぎる!
少しだけでも大助かり!
コンテナを待ちます。
待ちます・・・
なかなか来ません。
ここはフランス。コンテナ来ないって話したまに聞くのですが、BOLTは経験なし。
いつもは10分前には来るのに・・
ちょいイライラし始めたころ、コンテナ到着。
くわえ煙草に腕にはいろんな模様の、ちょいワイルドなムッシュが、
30分遅れでやってきた。
朝なのにすでに酒くさいじゃないか!
文句を言おうと思ったが、やめておいた。まぁ来たしね。

で、ここからが早かったー!

ジル達が限られた時間で、重いものからどんどんコンテナに。
その後は、遅刻してきたムッシュに手伝ってあげてと話をつけてくれ、
ジルはイタリアに向け出発。
残されたのは、酒くさいおじいちゃんムッシュと我々。
ちょっと心配したが、なんとこの朝から酒臭く戦力外かと思われたムッシュが、
すーんごい力持ち!
リフトもなしで、1時間ちょいで積み込み完了という最短記録をたたき出した。

こう見ると普通のおじいちゃんムッシュですが、腕っぷしは喧嘩で鍛えたんだぜ。的なオーラがね。すごかったんですよー。
とにかく無事にコンテナ積み込み完了!
C君・ジル・遅刻してきたけど力持ちだったムッシュ。
本当に本当にありがとう!
問題なければ、9月あたまにコンテナは神戸に到着予定です。

モヒート♪

たった3泊だけの滞在だったのに、本当に親切にしてくれたジェラルド・ラリサ夫妻。
通常シャンブルドットやホテルとは違い、家を貸しますがその他はご自分で
ご自由にどうぞ。というスタイル。
鍵をポストに入れてて、大家さんと顔を合わすことがない場合もある。
ご飯や洗濯そのうえ遊びに連れてってくれる、なんてのは本当に幸せなこと。
サイトから買い付けに便利そうで、大きな車停めれてwifiと・・あと安いこと。
などの条件で適当に決めるのだが、ジャニンヌも本当に親切だし、ジェラルド・ラリサ夫妻も!
大家さん運が良すぎるぞ。
今回も幸せな出会いに感謝でいっぱいの旅となりました。
最後の夜はテラスでアペリティフにお呼ばれ。

ラリサがお庭で収穫したフレッシュなミントとライムで作ってくれたモヒート!
これ美味しかったー♪BOLT氏はノンアルコールで。

ラリサは料理上手。なんでもかんでもホントに美味しい。
今回も食べすぎの旅・・・。
そうそう、前回ミラクルな出会いをしたチエリ!
今回もプチミラクル。なんとジェラルドの隣の家がチエリの奥さんのファミリーの家という(笑)
明日からはマルセイユに移動なので、前日も会ったのだがお土産持って会いに来てくれた。

いつも陽気なチエリ。面白すぎる。
戻ったら連絡するね。ありがとうチエリ!
翌朝ビズでお別れ。
ラリサがお土産に持たせてくれたお庭のラベンダーと、南仏のお菓子。
さぁいよいよコンテナ積み込みです。
いっぱい元気をもらって出発。
ありがとう!

おじいちゃんのDeux chevaux

ラリサとジェラルドの家での3日間。
広いお家とガレージでホントに快適に梱包作業などさせてもらった。
聞くとジェラルドはトランスポートの会社やってて、お家の2階で仕事してることも多いそう。
かなり忙しそうではあるのだが、大きな家具を運んでると上からヒョコッとと覗いて、
手伝うよーとやってきてくれる。いやいやそんな申し訳ないと断ると、
じゃぁ何かあれば言ってねーと部屋に戻るのだが、しばらくするとキャリーもあるから使ってね~とか、
こっちのスペースも空けてあげようか~?などなど。
とても親切な紳士だ。ものすごーくかまってくれる。
ガレージ横に停めてある古いシトロエンのDeux chevaux がなんとも雰囲気があって素敵だったので、
ジェラルドにこれいいね!と言うと、それはそれは嬉しそうに、そうだろ?!おじいちゃんの車なんだよ!

走って鍵を取ってきて、細かく色々説明をしてくれた。
エンジンルームまでオリジナルだよと見せてくれる。
どっちかと言うと物静かな印象のジェラルドのテンション急上昇である。

そのうち、よし今からドライブ行こう!!というジェラルド。

ちょっとジャマじゃま、トラック退けてってんで、BOLT氏も走って鍵取ってきて車移動。

田舎道をガタガタビョンビョン飛び跳ねるように、おじいちゃんの車は走ります。
メーターは130キロまであるけど、頑張っても70キロ。
お腹がイタくなるくらい笑ってしまうドライブ。
楽しいぞ。
運転してみろと言われたが、なんかギアとかちょっと扱ったことないスタイルだったんで遠慮した。
とても運転してもらいたかったようで、何度も次回は運転してねと言ってた。
ジェラルド!本当にありがとう!
ワクワク楽しい時間でありました。
と!!これ2cvだと思い込んでましたが、ディアーヌでした。
ホントだ全然違う!
ごめんなさい( ̄◇ ̄;)